レスポンシブWebデザイン   Adobe Dreamweaver CCチュートリアル

Dreamweaver CC (2015)でホンマに簡単にレスポンシブなサイトができるのか

Adobe Creative CloudでDreamweaver CC (2015)をうっかり上書きダウンロードしてちょっと後悔した私ですが、フォーラムでみた通り、するするっと魔法のようにコーディングできるのか!?を試してみました。

ちなみにラーニングの動画は → こちら

これを見るとするする出来そうなイメージがふつふつわきますが、果たして?

 

キャプチャ

↑こちらがDreamweaver CC (2015)のスターターテンプレートから作成できる基本のテンプレ。こちらはレスポンシブのブログという名前のテンプレです。

キャプチャ2

 

↑こちらはスターターテンプレートを使わずに、新規でBootstrapを用いて作る画面。色々なパーツが既に配置されているものが立ち上がります。

キャプチャ3

スターターテンプレートにもBootstrapのテンプレがあって、使えそうな感じに既に配置されてます。

が…Bootstrapって…あちこちでみかけてたけど、活用せずに(見てみぬ振りして)やりたいようにやってた私…にはかなり…今更勉強せなあかんのですけど、どうすればいいの???

と思いつつ、使ってみました。

ま、なんとかなります。すぐにわかります。(割愛)

「ライブ」モードできゅうう…とかぎゅうう…とかやっている間にできます。

魔法のよう…これだけマークアップが複雑になってくると、助かります。

とはいえ、さすがにこれって今から覚える人には無理なのでは…ここからとっかかる人ってどうなんだろう。覚えられるんだろうか。

UIまで手の回らないプログラマのためのBootstrap 3実用ガイド

Share the joy
  •  
  •  
  •  
  •  

micchimo

Design Egg の Web デザイナー兼コーダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 三 =

CAPTCHA